皆既日食 2009/7/22

帰ってきました~

皆既日食を見に中国の烏鎮という所に行ってきました。

日食前日は多少雲がありましたが、気温39度の良い天気で、このまま皆既を迎えられればと思っていました。
ところが、ホテルに戻って夕食の前あたりから急に雲が出始て雷も鳴りだしました。
少し不安になりテレビで天気予報を見てみると、見事なまでに日食帯の上へ低気圧が居座っていました。
翌日の予報も雨・・・・不安を胸に眠りにつきました。

翌日は目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまい、カーテンを開けてみると・・・駄目です・・どん雲りです。
重い気持ちのまま観測地へ向かいます・・・観測地へ向かう途中には雨も降ってきました・・・

現地に到着しても、雨が降ったり止んだりで太陽はまったく見える気配がありません。
そしてそのまま第一接触の時間を迎えてしまいました。

しかし、皆既日食まではまだ1時間くらいあったので、奇跡を信じて待ちました。

すると、皆既15分前にもの凄いスコール・・・・これは駄目かもしれんね・・誰もが思い始めました。


ところがその後雨は上がり、西の方から少し青空が見え始めたのです。

そして皆既直前に細くなった太陽が顔を出したのです。
画像


しばらくすると、誰かがカウントダウンを始めました。
8、7、6、5、4、3、2、1・・・・

突然辺りが闇に包まれました。

しばらくすると、暗闇の中からコロナに包まれた真っ黒な太陽が見え始めたのです。
画像


画像


その後はもう夢中で良く覚えていません。

そしてまた誰かがカウントダウンを始めます・・・もう終わりか~5分があっという間です。

やがて第三接触の時間を迎えました。

ダイヤモンドリング・・凄い奇麗でした・・手か震えて止まりません。

写真を撮ったけどピンぼけしていました・・・でも感動です。

画像

画像


その後はしばらく放心状態・・・

皆既が終わるとすぐ太陽は雲の中に隠れてしまったので、まさに皆既の間の奇跡でした。
皆既日食の時に天候が急変する話しは聞いた事があるのですが、まさか自分が体験者となるとは思いませんでした。

やっぱり最後まで諦めては駄目なんですね。
今回は絶望してろくに機材を準備していなかったので、望遠の方は手持ち撮影です(笑
次回があれば、この教訓を活かしたいと思います。

皆既になる様子をD90で撮りましたので、載せておきます。


みなさんの所へは後ほどお伺いします。

この記事へのコメント

  • yamataka

    こんばんは~♪
    ご無沙汰しております。
    いやー、お疲れ様でした。それにしてもお天気、奇跡が起こりましたね。
    ダイヤモンドリング、見事に撮れましたね。でも、ご自身の目でこれを見られたことが何よりも感動だったことでしょう^^

    動画も拝見しました。ほんとに見る見る真っ暗になっていくんですね。
    いいものを見させていただき、ありがとうございました♪
    私も一度はこの目で皆既日食を体験してみたいものです^^
    2009年07月26日 00:50
  • No.192

    こんにちは
    コメント返しです(^^
    いや~本当に見ることが出来てよかったですね!
    確かに武漢より厳しい天候の中ここまで見られたのは奇跡です
    今度は快晴の中で見たいものですねw
    2009年07月26日 02:09
  • さくら

    お帰りなさい!
    心配してました。
    凄~い!奇跡が起きましたね。
    良く撮れてますね。
    皆既日食に遭遇するときっと平常心ではいられないでしょうね。
    いやいや、中国まで行った甲斐がありましたね。
    普段の行いが良いんではないですか?
    出来る事なら私も見て見たかったです。
    2009年07月27日 00:00
  • ニャん丸

    TAKEさん、おはようございます&お帰りなさい♪

    いや~、無事、皆既日食が観測できたようで、我がことのようにうれしく思います。
    私もずっと中国の天気予報を見ながら、お天気が大丈夫か心配しておりました。
    コロナ、ダイヤモンドリング…本当に素晴らしいですね♪
    記事中のカウントダウンのお話…中国語でのカウントダウンかと思ったのですが、動画を拝見すると日本語でした(笑
    どうやら、まわりは日本人が多かったようですね。
    ぜひ、26年後(?)はご一緒いたしましょう(笑
    2009年07月27日 08:41
  • negi

    お帰りなさい~。
    見事な皆既日食が観測できたようで良かったですね。一瞬の暗転、見事なコロナとダイヤモンドリング・・・こちらで観て読んでいるだけで興奮してきます(笑)
    東京は曇ごしに部分食を観測できたようですが、自分は会社で来客中となってしまい・・・体感はできず仕舞いでした。

    26年後は北関東でも観測が出来るとか。次回は自分も挑戦したいです。
    2009年07月27日 14:51
  • alaris540

    TAKE様こん○○は、そしておかえりなさいませ。

    烏鎮では観ることが出来たのですね!ビデオでも凄さが伝わってきます。
    私の職場では部分食でも大騒ぎでした。26年後ですかァ…行って観たいですね。
    2009年07月28日 13:46
  • とっぷん

    こんにちは~
    そして、おめでとうございます!

    当日は上海の予報を見て絶望的かなと思っていたのですが
    凄いドラマが待ち受けてましたね!
    動画を見ても雲の少しの切れ間なのではないでしょうか。

    いろいろと事前に計画されていた撮影とは違ったとは思いますが、これが見れただけで行った甲斐ありましたね。
    見ているこちらも感動しました。
    2009年07月28日 18:19
  • TAKE

    yamataka さん
    コメントありがとうございます。
    ダイヤモンドリングはピントを外してしまって、ちょっとショックです(笑
    あまり条件は良く無かったので、写真は半分諦めてました。
    やっぱり皆既日食を写真で伝えるのは難しいですね。
    機会がありましたら是非!
    2009年07月30日 23:47
  • TAKE

    No.192さん
    いや~ほんと最後までじらされました。
    それだけに感動も大きかったと思いますが・・予定していた事の半分も出来ませんでした(笑
    またリベンジしたいなと思ってしまいますね。
    2009年07月30日 23:48
  • TAKE

    さくら さん
    今回の出来事は奇跡だったのか、必然だったのか良くわかりませんが、やっぱり奇跡という言葉を使いたくなる状況でした。
    こんなこともあるんですね。
    やっぱり一度みると、もう一度見たくなってしまいます(笑
    2009年07月30日 23:50
  • TAKE

    ニャん丸さん
    ご心配いただきありがとうございます。
    直前のスコールには流石にもう駄目かと思いました(汗
    次は何時見られるかと思うと必死でしたから(笑
    この場所は殆ど日本人で貸し切り状態でした、多分600人くらい居たと思います。
    26年後・・星屑になってなければ見たいですね!
    2009年07月30日 23:53
  • TAKE

    negi さん
    冷静にと思いつつも、皆既の時は興奮を押さえられませんでした。
    ムービーからも周囲の興奮度がわかると思います。
    日食は毎年何処かで起こってますので、26年後と言わずに是非どこかで(笑
    2009年07月30日 23:55
  • TAKE

    alaris540さん
    見れたと言って良いレベルなのか良くわかりませんが、周りの皆さんは大満足の様子でした。
    東京はちょっと残念な結果でしたね。
    やっぱり実際体験してみると、迫力が違いました。
    機会がありましたら是非に!
    2009年07月30日 23:58
  • TAKE

    とっぷんさん
    ありがとうございます(涙
    もう全然だめかと思っていただけに、コロナに包まれた太陽が出て来た時には手が震えていました。
    撮影の予定は全然こなせませんでしたが、満足です。
    30k以上の荷物を持って行ったのは全然役に立ちませんでしたけど(笑
    2009年07月31日 00:00
  • やし

    うわあ~、素晴らしいですね。
    まさに奇跡としかいいようがありませんね。
    悪石島の悲劇がTVでずいぶん放映されていたので、どうなることかと思いましたが、ほんの5分の間にこれだけかわるとは!
    曇った地域の人も、暗闇が訪れる不思議な時間は体感できたでしょうから、本当にうらやましい限りです。
    来年のイースター島目指すかなあ・・無理か笑
    2009年07月31日 00:21

この記事へのトラックバック