星をさがして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS プリズムが・・

<<   作成日時 : 2007/09/30 00:41   >>

トラックバック 0 / コメント 12

先日紹介したASAHI PENTAX SLですが、ちょっとした問題を抱えていました。
プリズム腐食とか、蒸着の剥離と呼ばれる現象で、ファインダーを覗くと黒い横線が見えてしまいます。
スクリーンもだいぶ汚れています。
画像

この手の現象は、ASAHI PENTAX SP、OLYMPUS OM-1、MINOLTA X-7などでよく発生します。
原因はプリズムにモルトを接着している接着剤などが悪さをして、プリズムの銀蒸着を剥離させてしまうためです。
これを修理するには、アルミ蒸着をしてもらうか、反射率の高いテープなどを張って補修するしかありません。
ブルジョアなニャん丸さんは同症状のSPを修理に出したようですが、プロレタリンなワタクシは自分で何とかしたいところです(笑

そこで、プリズムが無事なジャンク品を用意して移植することにしました。
ジャンクのSPからプリズムを取り出してみました。
画像

モルト?は極端な劣化を起こしていないようです。
SLも分解してみます。
此処が一番難儀したところ・・・
画像

このカニ目は外すのにかなりコツがいるようです。
そして、製造時期によって順ネジのものと、逆ネジのものがあるようです。
実際ジャンクで手に入れたSPはこのカニ目が潰されていて、外すのは非常に苦労しました。
たぶん以前のオーナーが分解しようとして失敗したものと思われます。

カメラの修理というのは、とても難しいものです。
通常は信頼のおける修理店に修理を依頼するべきで、自分で修理するなら、そのカメラは最後まで自分で面倒をみるくらいの気持ちが必要ではないでしょうか。
分解に失敗したから、転売するような事はモラルに反すると思います。

話がそれましたが、SLから取り出したプリズムです。
画像

モルトが何だかわからない物に変質しています(笑
SPから取り出したプリズムとは使われているモルトや接着剤が違う物なんじゃないかと思われます。
それとも、保管方法などで、これほどの違いが出る物でしょうか?
スクリーンのユニット部分もモルトが劣化してボロボロになっていたので、モルトを貼りなおしました。
画像

スクリーンとコンデンサーレンズ、アイピースも綺麗にしました。

プリズムを交換したSLはとっても綺麗になって快調です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
TAKEさん、おはようございます♪

ぶるじょわなニャん丸です(爆
あらら…綺麗なSLだと思っていたのですが、やはりプリズムは逝っていましたか(汗
プリズムの修理ですが、TAKEさんのようにプリズムの綺麗なジャンクからの移植が一番安く済むようです。
TAKEさんのように自分で出来るようになると良いのですが…最近老眼が入ってきたワタクシはプロ頼みです(笑
ニャん丸
URL
2007/09/30 07:54
おはようございます。
モルトはポロポロになるのとベチャベチャになるのが有って古カメラの天敵ですね。もっと古いカメラですと使ってないので安心ですが(笑)
加水分解するモルトは問題になり、今では使われていない筈・・・・・
なのに数年前にペンタックスのサービスでオーバーホールしたペンタ6×7は裏蓋部分のモルトがベチャベチャ。 何やってんのかなぁ?です。
★か
2007/09/30 09:45
SLはプリズム交換という大手術をされていたのですか。このテのプリズム剥離は仰るとおりOM-1でも多発していますね。これの修理があるんで程度の良いOM-1の中古は高価になっちゃう・・・思い入れのあるカメラですが手が出ないでいるんですよ。
negi
2007/09/30 09:59
こんにちは〜。

移植手術、凄いですねぇ〜。
個人でアルミ蒸着は無理でもこれなら何とかなりそうですね。
TAKEさん自身もかなりスキルアップしてきた気が。(^^)
とっぷん
URL
2007/09/30 12:31
そうだったのですか。。。
出来るかどうかは別として、TAKEさんのような気持ちがあれば私ももう少しましな写真愛好家になれるのですが(笑)
ウィルスを完治させるために今度はお嫁さんでも探そうと思います☆
広角堂
2007/09/30 13:22
こんばんは^^
またまた解剖手術ですね(笑)
プリズムにはカビ?
スクリーンの枠にはサビ?
ここまで分解して綺麗にしてもらえるカメラは幸せものですね(^^)
こうして修理することで、また愛着が湧いてくるのでしょうね。
TAKEさん、修理屋になれそうですね。
副業に如何でしょうか?(笑)
nature
URL
2007/09/30 19:39
ニャん丸さん
やっぱりプロに任せるのが一番だと思います。
まだミラー室の奥深い所にモルトが有るみたいですが、そこまでばらすのはさすがにリスクが大きいかなと思います。
残ったSPを徹底的に分解してみたいとは思っています。
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:35
★か さん
プリズムが無事だったSPは前期型のようです。
大体1970年以降のカメラは加水分解するモルトが使われていますね。
ほんと厄介な物です・・
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:40
negi さん
OM-1も良いカメラですよね。
最近は程度の良い物でも安くなってきている気がしますので、出物を狙ってみるのも良いかもしれません。
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:49
とっぷんさん
アルミ蒸着だけでも結構な出費になってしまうので、移植することにしました。
やっぱり分解修理はある程度経験が必要だろうなと思います。
普通はお勧めできません(笑
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:53
広角堂 さん
広角堂さんのように純粋に中古カメラを楽しまれている人のためにも、怪しげな物は手放さないで欲しいですね。
お嫁さん見つかるとよいですね!
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:55
natureさん
一応カビや錆は出ていないので、磨けば綺麗になります。
内部のモルトが結構ボロボロになって悪さをしているので、かなり分解が必要になってしまいます。
一台治すのにも神経と時間を費やしてしまうので、副業は無理そうです(笑
TAKE@星をさがして
2007/09/30 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
プリズムが・・ 星をさがして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる