星をさがして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀カメ救済オフ・実写編2

<<   作成日時 : 2007/07/29 00:55   >>

トラックバック 0 / コメント 12

続きです

今回は全てフイルムをスキャナーで取り込んだものです。
なるべくプリントに近い感じに仕上げようと思いましたが、中々難しいです。
色はかなり弄れるけれど、透明感みたいのを出すのが中々・・・
それと、ネガなのでよくわかりませんが、若干アンダー目なのかなという感じがします。
今度ポジで試写してみたいとおもいます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


銀カメ救済オフの写真は以上です。
色々なカメラに出会うことが出来て楽しかったです。
また機会があれば、実施したいとおもいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
プリントのブログ上での再現お疲れさまです!
それ以上に、TAKEさんの撮影される写真そのものに惹かれます!!
matsumaru
2007/07/29 01:42
TAKEさん、おはようございます♪

ムムム!特に打ち合わせをしたわけではないのですが、BLOGの内容がカブりますね!!(笑
…と言いますか、TAKEさんとワタクシ、ネガフイルムのスキャナ取り込みに関して、同じことを感じて、同じことに悩んでいるようです。
スキャナ取り込みだとアンダー目に出ません?その分、色の階調性が保たれていると思うのですが、お店プリントだと階調性を犠牲にしてもオーバー目の見栄えの良いプリントになっているような…
私の方も晴天時にリバーサルで撮影してみますね!!中古カメラ、まだまだ楽しみが続きます♪
ニャん丸
URL
2007/07/29 09:48
こんにちは〜。

救済オフ画像、楽しく拝見いたしました。
屋外に関してはバッチリと黒の締まりもあるように思いますが、ラスト2枚はアンダー気味のような気もしますね。
フィルム画像はデジタルカメラでは表現が難しい深みのようなものがありますね。
この先デジタルカメラにこの深みをだせるフィルムモードがついたとしても、なんかちょっと違う魅力がフィルムにはありますねぇ〜。

早速センチュリア使われてますが(笑)、全然別物なんですか。
とっぷん
URL
2007/07/29 14:49
やっぱりフイルムには深みがありますなー。
スキャナでの取り込みはプリントにしろフイルム直にしろ、思った通りの色や表現にするのは難しいです。自分もだいぶ悩まされてます。

高価なのじゃなくてブローニーのフイルムが直読みできるスキャナってあるんでしょうか・・・。
negi
2007/07/29 15:08
こんにちは^^
デジタル時代にあって銀塩の良さが見直される意味がわかったような気がしています。
現像やプリント、そしてスキャニングなどの手間がかかりますが、一度覚えてしまうとやめられない魅力がありますね(^^)
また銀カメで撮影に出かけましょうね(^^)/
nature
URL
2007/07/29 15:31
こんばんは。
確かに「透明感」とか「空気感」というのがスキャンだとなかなか出しにくいときありますね。
でもフィルムの雰囲気はしっかりでていて、良い感じになっていると思います。
緑の色かぶりも今は魅力の一つですね。
広角堂
2007/07/29 22:49
matsumaru さん
ありがとうございます。
こうやって適当に撮った写真の方が良かったりしてまいります。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 00:38
ニャん丸さん
一応似たカットを選んでみました。
う〜ん、曇り空とかだとかなり難しくなりますね。
スキャンすると、雲の階調は結構の写っていますが、プリントだとほぼ白く飛ばしてしまう感じですよね。
この方が綺麗に見えるからかもしれませんけど・・・
もう少し研究しないと駄目ですね。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 00:42
とっぷんさん
このカメラそれほど低速のシャッターは切れないんだと思います。
暗ければフラッシュを使ってねという感じですね。
先日とっぷんさんが紹介していたソフトがもっと忠実再現できるようになったら面白い?でしょうね。
センチュリアは全然別物という感じがします。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 00:46
negi さん
特にネガからのスキャンは中々難しいところがありますね。
スキャン目的ならポジの方が有利かもしれません。

中判のフイルムを読むなら、フラットベッドのスキャナーの方が安いですね。
キヤノンの8600FとかエプソンのX750辺りは3万以下で買えますね。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 01:01
natureさん
言葉にするのは難しいけれど、なんか良いんですよね。
そのうち皆で暗室を借りて紙焼きでも出来たらと思っています。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 01:03
広角堂 さん
色かぶりの写真を見ると、トイカメラで撮ったようで面白いです。
曇りの日はやっぱり難しいですね。
TAKE@星をさがして
2007/07/30 01:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀カメ救済オフ・実写編2 星をさがして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる