星をさがして・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 葛飾区郷土と天文の博物館から

<<   作成日時 : 2006/05/03 20:25   >>

トラックバック 0 / コメント 5

葛飾区にある博物館に行ってきました。
http://www.city.katsushika.lg.jp/museum/

葛飾の郷土に関する展示と、天文に関する展示があります。
それと、生解説のプラネタリウムがあります。

天文展示室

太陽投影板は太陽望遠鏡で捕らえた太陽像をみることができ、黒点の観察などができます。
その他Ha線やk線で見た太陽や、スペクトルを観察できます。
画像

画像

フーコーの振り子 地球の自転を証明した振り子を再現しています。
画像


郷土展示室
ここで面白いのは昭和30年ころの下町が再現されているところです。
画像

画像

ここは日本カメラ社発行の「ニコンD200マニュアル」で大西みつぐさんが撮影していた所ですね。

ゴールデンウィークに行ってみると楽しいかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なぞの彗星、見ることができましたか?
あっ!熊
2006/05/04 01:25
TAKEさん、こんにちわ♪

郷土展示室、とても楽しそうですね!
私は昭和30年代末の生まれ(汗)なので、ギリギリこういった風景を憶えているか、いないかといったところなのですが、都内にあった祖母の家がこんな感じだったと思います(笑
この連休はあまり遠出をする予定がありませんので、都内を色々めぐってみようと思っています。
ニャん丸
URL
2006/05/04 11:36
郷土と天文の博物館、面白い組み合わせですね。なかなか見所満載ですね。
最近は博物館に自分がリアルタイムで見たもの使ったものが展示してあるようになって、
なんだか不思議な気分です。
小学生に昔はどんな遊びをしたの?って聞かれて、む、昔って!え〜〜〜〜!わたしゃ昔の人になっちまった〜〜!ってなんだかショック!(^_^;)
けいこたん
2006/05/05 19:02
連休ももうすぐ終わりますね。
私はここだけの話ですが、昭和27年生まれ
主人は22年生まれ(団塊の世代)
このお茶の間風景は懐かしいですね。
テレビには色のついたフィルタみたいのが
かけてあって、それがカラーテレビだと
ずっと信じていました。
ちゃぶ台、ラジオ、お人形、三輪車
30年代は伊豆ではまだ通りを馬が歩いてました。(私ってすごいトシなんだなあ・・)

さて、フーコーの振り子に人影が見える?
もしかしてTAKEさんですか?
菜々子
2006/05/06 11:17
あっ!熊 さん
それほど増光はしていないようですので、空が良くないと駄目みたいですね。

ニャん丸 さん
やっぱりこんな家が落ち着く気がしますね。
ぜひ色々見せてください。

けいこたん さん
今の子供たちがこの展示を見たら全然違う感想が出てくるんでしょうね。
子供の頃はどんな遊びをしていたかな〜

菜々子 さん
私の子供の頃は既にカラーTVでしたが、生まれてくるならこのくらいの時に生まれたかったと思うことがあります。
はい、写真に写っているのは自分です(^_^;
TAKE@星をさがして
2006/05/06 13:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
葛飾区郷土と天文の博物館から 星をさがして・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる